FAQ よくあるご質問と回答

Q. 保険は使えるの?
漢方生薬の他、院外処方箋、診療情報提供書、リハビリテーション、検査(血液・尿検査、心電図、腹部超音波検査)に保険が適応されます。東洋医学による治療(カラー治療、他)は自由診療となりますので保険は適用されません。
Q. 通院期間は?
症状が軽減・改善して数ヶ月で通院終了となる場合もありますが、健康維持・増進のために、毎月定期通院されている方も多くいらっしゃいます。
Q. 漢方薬だけ処方してもらえる?
中国伝統医学では、漢方薬の内服と鍼灸(経絡治療)がセットで施されます。当院でも漢方薬とカラー治療(経絡治療)の組み合わせを原則としています。
Q. 漢方薬の副作用は?
体質や証に合わない処方をした場合や、生薬の分量過多、生薬に対するアレルギー反応、誤った内服方法等により、副作用が生じることもあり得ます。漢方薬による重大な副作用として、間質性肺炎、肝機能障害、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫等)等があります。
Q. 漢方薬は他院から処方されたお薬や市販薬と一緒に飲んでいい?
併用可能な場合が多いですが、一部の生薬と併用注意とされている薬もあります。お飲みになっている薬をお知らせ下さい。
Q. カラー治療のカラーはいつまで貼っておけばいい?はがれた場合は?
8~10日で経穴(ツボ)の位置が変ると言われており、その期間を目安にカラーを貼っておいて下さい。それ以前にはがれた場合は、貼り直す必要はありません。また、カラー貼付部位にかゆみや違和感を生じた場合は、早めにはがして下さい。
Q. 漢方薬(煎じ薬)が飲めなかったら?
電話でご連絡下さい。対処法を相談します。
Q. リハビリだけで通えますか?
他の治療(カラー治療、漢方薬内服治療等)との組み合わせが原則です。
Q. 予約日以外に風邪などの急な症状で診てもらえますか?
原則は完全予約制ですが、急性症状にも可能な限り対応いたします。
Q. 子供も診てもらえますか?
はい。年齢は関係なく、実際に0歳~90歳代の方を治療しています。
Q. 現在通院中の病院・医院も引き続き通えますか?
はい。他院での治療と併用が可能です。
Q. 他の病院で異常はないと言われた症状でも診てもらえますか?
はい。どんな症状でもお困りのことがありましたら、可能な限り対応いたします。
Q. 交通事故のむち打ちは診てもらえますか?
はい。交通事故後の自賠責保険での診療も対応しています。
Q. 受診の前に、医師に病状を相談したいのですが。
「健康相談」も承っております。料金、予約時間等、電話にてお問い合わせください。

受診に際してご不明なこと、不安なこと等がございましたら、お電話にてご相談ください。

受付時間 午前9時~午後5時
☎ 025-233-1177

先頭へ戻る